• TOP>
  • はじめての方へ

about REIYUKAI

霊友会は2020年に
『開教100年』を迎えました

世の中は今、未曽有(みぞう)の危機に直面している。
私たちはこれからどう生きるのか。
今こそ、原点に立ち返ってみたい。
両恩師は開教以来、
人のため、社会のために尽くしてこられた。
その足跡をたどると、大切なものが見えてくる。

(霊友会の創立者・久保角太郎恩師)

霊友会の創立者
久保角太郎恩師
(1892-1944)
数少ない久保恩師の
ポートレート写真のひとつ。
30 代の頃と思われる

(霊友会の創立者・久保角太郎恩師)

「この世の中にどん底に落ちて
苦しんでいる人がいるならば、
救われる道があるはずだ。
そういう人たちこそ救っていかなければ、
世の中は本当に良くなりはしないのだ」。

NEW 世のため世のため NEW 世のため世のため

霊友会 社会事業の足跡

霊友会青年部は今、「ほっとかない! ほっとけない! となりの人から世界まで」の青年部スローガンのもと、さまざまな活動に取り組んでいます。社会の問題を他人事にせず、
自分たちにできることを見つけて、チームとなって取り組む
社会貢献活動(Ourおせっかい)もその一つです。

霊友会では、社会に貢献するさまざまな事業を、いつ頃から、
また、どのような思いで行ってきたのでしょうか。
霊友会の創立者・久保角太郎恩師、霊友会初代会長・小谷喜美恩師
の社会事業の足跡を辿っていきます。

〈霊友会青年部スローガン〉

ほっとかない!ほっとけない!となりの人から世界まで

となりの人を "ほっとかない"
"ほっとけない" 世の中に !

私は人一倍負けん気が強く、子どもの頃からやんちゃばかりしていました。母親が何度、学校に呼び出され、謝りに来たか分かりません。そんな私を両親や霊友会の先輩は決して見放さず、「世のため人のために役立つ人になるんやで」と声をかけ続けてくれました。そして気づけば、人を傷付けてばかりいた自分が、人のために動けるようになっていました。関わった仲間が変わっていく姿を見たとき、“こんな俺でも誰かの役に立てるんや”、“人に喜んでもらうって、こんなに嬉しいんや”と温かい気持ちになれたんです。

どんなときも、相手の幸せを願い、深く関わっていく。それが、私たち霊友会の会員が大切にしている“Myおせっかい”です。そして、そんな一人ひとりの真心と行動こそが周りの人を元気にし、世の中の光に、希望になっていけると信じています。

社会で起きている問題も他人ひと(ひと)ごとにせず、自分にできることから始めていく。
私たち霊友会青年部は、“Myおせっかい”で、となりの人から地域、日本そして世界を元気にしていきます。

前田康喜(まえだ やすき)

青年部部長

前田康喜(まえだ やすき)

大阪府出身
令和2年11月18日
第25代霊友会青年部部長に就任

大阪府出身
令和2年11月18日
第25代霊友会青年部部長に就任

Activities誰もが参加できる 活動の場

霊友会にはそれぞれのライフスタイルに応じた、活動の場があります。

全国各地開催される「つどい」

学生、青年、ヤングミセス、壮年、など私たちのライフサイクルに応じた悩みや話ができるつどいが毎月全国各地で開かれています。どなたでも気軽に参加できます。

*現在はオンラインでのつどいが各地で行われています。
*写真は2019年に撮影されたものです。

1泊2日で行く「弥勒山」

さまざまな国や地域から、毎年5万人以上が集まる弥勒山。大自然の中で、普段では味わえない感動・発見があります。

*現在は参加人数を制限する等、感染症対策をして開催しています。
*写真は2019年に撮影されたものです。

〈霊友会青年部の歴史〉

  • 1954年

    次代を担う青少年の育成こそ 国家・社会に果たすべき役割

    次代を担う青少年の育成こそ、
    国家・社会に果たすべき役割

    霊友会初代会長・小谷喜美恩師は昭和28年(1953)、日本赤十字社の親善大使として、欧米各国の福祉施設視察に旅立った。欧米で、子どもたちにも社会奉仕の精神を教えている様子を目にした小谷恩師は、帰国後「次代を担う青少年の育成こそ、霊友会が国家・社会に果たすべき使命である」と言明。昭和29年(1954)、「霊友会青年部」が発足した。

  • 次代を担う青少年の育成こそ真心で人と社会に尽くす

    真心で人と社会に尽くす

    昭和29年(1954)に小谷恩師によって創立された霊友会青年部は、全国に仲間の輪を広げていった。その中で「社会に貢献したい」という希望が生まれ、視覚・聴覚障がい者のための点訳・朗読奉仕が実現。昭和34年(1959)には青年部有志によって『青経巻』の点訳が行われた。

  • 1955年

    敗戦で自暴自棄の青年を救うために

    敗戦で自暴自棄の青年
    を救うために

    戦後、家族も仕事も失い、自暴自棄になり、ヒロポン(覚せい剤)に手を染める若者が増えていった。霊友会はこの問題にいち早く取り組み、昭和30年(1955)、ヒロポン撲滅キャンペーン映画『悪魔の罠』を制作。青年部が中心となって全国各地で無料の上映会を開催した。この運動は、ヒロポン禍の沈静化に大いに貢献した。

  • 1964年

    「青年の弥勒山修行」を糧に成長していく若者たち

    「青年の弥勒山修行」を
    糧に成長していく若者たち

    昭和39年(1964)に竣成した「青年の修練道場」
    弥勒山。竣成当時から、多くの青年が参加し、
    仲間とふれ合い、人のために行動する決意を固めた。

  • 1977年

    「自分たちの生き方を自分たちで考えよう」

    「自分たちの生き方を
     自分たちで考えよう」

    学生の間にはびこる「無気力・無関心、無感動」を打破しよう―。

    昭和52年(1977)、霊友会青年部学生部がニューライフ・アドベンチャー(NLA)運動を発足させ、「高校生の主張コンクール」を各地で開催。コンクールが「ナキワラ!」となった今も、多くの中高生が自分の手で未来を切り拓くきっかけをつかんでいる。

    *霊友会はニューライフ・アドベンチャー(NLA)運動を支援しています。

  • 1990年

    青年部の心を花博で示そう!

    青年部の心を
    花博で示そう!

    「国際花と緑の博覧会」(平成2年・1990)に
    「いんなあとりっぷ館」を出展。

    国際博覧会史上、宗教団体が単一で参加するのは初めてのことだった。青年部有志が「まいとれ~やグループ」として来館者をもてなし、219万人をこえる人気館となった。

  • 2008年

    世の中の問題を他人事にしない

    世の中の問題を
    他人事にしない

    平成20年(2008)にスタートした「おもいやり連鎖運動」。児童待機、いじめ自然災害など、さまざまな社会問題に対して、できることは何か。
    全国の青年たちが災害復興支援、「子育てセミナー」などの活動を展開した。

  • 2011年

    被災者の心に寄り添う

    被災者の心に寄り添う

    平成23年(2011)3月11日に発生した東日本大震災。霊友会青年部はいち早く復興支援活動を行った。これは一時的な活動で終わらず、その後5年間続けられ、青年たちは被災者たちの心に寄り添い続けた。

霊友会『開教100年』を記念して発行された『未来へ』。

恩師久保角太郎先生が法華経の研究と先祖供養の実践に入られた大正9年(1920)から今日にいたるまでの歴史を、秘蔵の写真とともに振り返る記念霊友会『開教100年』を記念して発行された『未来へ』。グラフです。久保恩師の開教にかける思い。いつの時代も人に社会に尽くす活動を身をもって示された恩師小谷喜美先生の願いと、それに応える青年部の姿などが、全7章、206ページにわたって描かれています。100年の歴史を知ることで、青年部活動がより楽しくなります。ぜひお求めください。

  • 購入方法 最寄りのインナートリップセンター、明世ショップで直接お求め
    いただくか、(株)いんなあとりっぷ社までお申し込みください。
  • お申し込み
    お問い合わせ
    (株)いんなあとりっぷ社
    〒106-0041 東京都港区麻布台1-11-4 いんなあとりっぷビル4階
    TEL:03-3586-1821 FAX:03-3586-1826 Mail:hio@innertrip.co.jp

明世オンラインショップでも購入できます。

霊友会『開教100年』を記念して発行された『未来へ』。

発行:霊友会 発売:(株)いんなあとりっぷ社
価格:1,500円(税込み) A4判変形/206ページ

  • 購入方法 最寄りのインナートリップセンター、明世ショップで
    直接お求めいただくか、(株)いんなあとりっぷ社までお申し込みください。
  • お申し込み
    お問い合わせ
    (株)いんなあとりっぷ社
    〒106-0041 東京都港区麻布台1-11-4
    いんなあとりっぷビル4階
    TEL:03-3586-1821 FAX:03-3586-1826
    Mail:hio@innertrip.co.jp

明世オンラインショップでも購入できます。

よくあるご質問

つどいとは、
どういう集まりなのでしょうか?

全国各地で開催されている、どなたでも参加することができる集まりです。

お互いの話を聞くことで、また語ることで、生活の中で見えなくなっていることに気づくことができます。

詳しくはコチラをご覧ください

弥勒山とは、
どのような場所なのでしょうか?

様々な地域から、年齢、職業、地域、生活環境が異なる人たちとの出会い、

普段では味わえない感動・発見をもたらしてくれる場所です

詳しくはコチラをご覧ください。

会員でなくても気軽に参加できる
集まりはありますか?

毎月、全国で開催している「つどい」は予約必要ありませんのでご都合に合わせてお気軽にご参加ください

詳しくはコチラをご覧ください

霊友会はどんな人がいますか?

あらゆる世代、職業の人々がいます。それぞれが日頃の立場や役割や地位ではなく、

「1人の人間」として対等な立場で心を開いて、語り合える仲間がいます。

詳しくはコチラをご覧ください